2010年03月27日

食料自給率、20年度に50%=食品安全庁設置へ−農業基本計画(時事通信)

 農林水産省は25日、2010年度からの農政運営の指針を定めた「食料・農業・農村基本計画」の最終案をまとめた。国内農業の活性化に向け、食料自給率を08年度の41%から20年度に50%へ引き上げる一方、食料安全保障の観点から、海外からの穀物調達の拡充を支援する方針を明記。消費者の関心の高まりに対応した食品安全庁の設置や、国内農業継続の基盤となる戸別所得補償制度の本格展開など、鳩山政権の重視する新たな施策の推進も盛り込んだ。
 基本計画の改定は5年ぶり。月内に閣議決定の見通しだ。
 最終案では、食料自給率(供給熱量基準)50%の前提として、20年度に小麦の生産量を08年度の2倍、主食用以外の米粉・飼料用米では120倍に伸ばすとしている。同時に消費振興策として、国産小麦・米粉の利用拡大や「朝食抜き」の食生活の改善を促した。 

【関連ニュース】
食品安全庁を設置へ=国民の安心重視
小麦生産、倍増の180万トンに=20年度目標
「引退後は農業やりたい」=鳩山首相
施政方針演説要旨
施政方針演説全文

【りこめんど】ローランド 田中英一社長(産経新聞)
小沢氏、参院選に危機感…生方氏の解任撤回(読売新聞)
<参院三重選挙区>自民県連、小野崎氏を擁立(毎日新聞)
カブト・クワガタ108匹盗む、容疑の男逮捕(読売新聞)
東大阪の消防署で防火衣盗まれる 昨年も被害、防犯センサー戻し忘れ(産経新聞)
posted by タカサキ ヒデ at 14:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。